読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「心、体、生活を素に。」

〜2015 秋に卒酒した 元キッチンドリンカーのつぶやき(日曜更新)〜

身の丈相応に生きていく。。。

1月23日の青猫さんがあげてくださっていた記事、じっと読んでみました。
(青猫さん感謝m(__)m)

スリップについての認識がよりピリッとしました。

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/note/n71120


少し抜粋させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(断酒会の支部長さんの大スリップの経験)

支部長として体験談を語り、支部をまとめていたその人が、ものの見事に、しかも短期間のうちに、進行中のアルコール依存症者の特徴である自己中心性、否認、他罰的態度、自己憐憫などを備えた、最悪の状態に戻っていました。
おまけに、酒をこっそり持ち込んで観察室の窓の外に吊るしていたりと、最悪なものでした。

もっとも その方は、断酒していた経験があっただけに、素面に戻ってからの回復は目を見張るものがあり、そのスリップを、身の丈相応の生き方、断酒の仕方をつかむきっかけにされましたが・・・。

~~中略~~

★再飲酒の危険性が高まる状況
ある程度の期間 飲まないでいるアルコール依存症者(離脱期が済み、神経学的にも影響が抜けた後)には、衝き動かされるような激しい飲酒欲求は、あまり見られません。
それ以外の再飲酒の危機となり易い状況には下記です。

・あまりにも良い事が、回復の進み方よりも早く訪れた場合
・酒に対して自分の強さを感じ始めた時(原点である「無力」を忘れた時)
・断酒を続ける自信が強くなった時
・自分の力で、道を開いていく自信が強まった時
・万能感(自我の肥大やコントロール欲求)、自己憐憫に陥っている時
・万能感と自己憐憫は、同じ心の状態の裏表!
・人の悪いところが、やたら目についてきた時。もっとも、それを「公憤」や正義感と合理化する場合も多いですが・・・ 多くは、仲間への」批判が強まったとき


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一番心に残ったフレーズ

『身の丈相応の生き方』


謙遜で柔軟な心で日々穏やかに生きていくことでしょうか

難しいですけど、心掛けます。



f:id:tyuntachan:20170129054243j:plain
冷凍お餅(チンしすぎた)がおやつの定番
あーもうやめないと 服ぱつぱつ (*_*)


そうそう 時々書いてる食道がんを克服したうちの父82才ですが
最近、母がぼやいていました。
父は朝4時に起きて仕事場に行き、
日が登ったらゴルフの練習場に行き
開店時間に店に戻って仕事をバリバリこなし
ご飯をガツガツ食べて
特に夕食は、がさーと作っても
ペロリと平らげるそうです。

はーーーっスゴイ⤴⤴🙌
80才過ぎてる老夫婦の生活に聞こえませんよね~♪

ちなみに若い頃はよく飲んで
母に怒られていましたが
循環器系の大病後、飲めなくなっています。
このお正月も
ノンアルビール1本でした。

あとどのくらい二人元気で店を続けられるのか。。。
一日も長く続いてほしいです。




にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

夫と私と楽天パンダ🐼

おはようございます♪(^^)
強い寒さに伴ってか
次女はいつもよりも強く
メンタルダウンしているようです。
みなさまはだいじょうぶですか?
「、、、春遠からじ」
今はそれなりに淡々といきましょね(^^)

さて、
以下は数日前
再チャレンジャーさんの依存症関連の記事を読ませていただいて
書いたものです。。。



冷静に考えて
夫のギャンブル依存症
私がアルコールに溺れてしまったのは
無関係じゃないと思います。

仕事は船乗りで
結婚生活の半分位はばらばらに過ごしているんですけど
休みの日は基本、開店時間から次の日仕事がない日は閉店まで
パーラーにいます。

私は結構一人は平気な方だと思うんですけど
やっぱり心の底には
寂しさの滓のようなものが
溜まっていってるのだと思います。

8年くらい前でしょうか
ある人に夫のギャンブルについて相談した事がありました。
答えは
「ご主人に会いに行ってみたらどうですか?」
というものでした。

「(@_@;)????」

思ってもみない答えに困惑しました。
夫が寄航する港に行ってみたらと言われたのです。
全く考えていなかった事なので、
興味が湧いてやってみようと思いました。

平日、留守を長女に任せて(当時16歳くらい)
あと3日もすれば帰ってくる予定なのに
新幹線を使って行きました。

夫に詳しい理由は話していませんでしたが
歓迎してくれ
その街で18時間くらい
一緒に歩いたり
食事をしたりして過ごしました。

わかったことは
こういう街で夫の職種の人たちは
行き場所が限られていること。
①パーラー
②女の人のところ(職業的なものとそれ以外も含む)
良くて、
健康ランド
④ネットカフェ
これくらいしかないようです。

もし、②の選択を夫がしていたら。。。

私はムリです。
職業的な関係でも嫌です。

というわけで
大借金が出てくる覚悟をしながら
とりあえず、いろんな意味で「かり暮らし」ではありますが
幸せもどきな生活をしているのであります。

良いのです♪

先日、夫と話していて気がついたのですが夫は
「お前の~~いうところが。。」
~~にはわたしの欠点が入ったことはなく
。。にはキライとかダメとか言われたことはないのです。


ありがたいことです(^◇^)

空虚感は拭えませんが
そこに意識を持っていくとしんどいので
自分は自分の楽しみを持って
一日一日お酒でごまかさないで
ボチボチ生きていきます♪

あ、夫が今気に入ってるCMは
楽天パンダが踊ってるCM。

どうしても私に見えてしまうそうです♪
光栄でございます(^^)
f:id:tyuntachan:20170119135400j:plain


では 今週は寒いから特に

ボチボチ生きていきましょね(^◇^)


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

この世界の片隅に。。。

断酒blog村のメンバー まるぷんさんの1/9の記事を読んで
行こうかなーと思っていた映画に娘と行く事にしました。

この世界の片隅に
2016キネマ旬報邦画第一位
キネマ旬報邦画第一位ってアニメーションでは28年前にとなりのトトロがとって以来だそうです。

色々話題に上がっているようですが
流行にのって観るのはへそ曲がり気質が発動して
ちょっと二の足踏んでました。

それと、あまりにも地元すぎて、
しかも戦争ものだったので、
なかなか腰が上がりませんでした。

だがしかし。。。( ・∇・)
感動冷めやらず、記憶の中で反芻しています。

死と隣り合わせの毎日のなかでも
笑ったり、ご飯を美味しく食べようと工夫したり、おしゃれしたり
恋したり、他人を思いやったり。。。

当時の 夫婦になってから始まって育っていく夫婦愛にも
不思議ととても惹かれました。

片渕監督のことは全く知りませんでしたが
見終わった翌日、関連のラジオをきいていると
名犬ラッシーを手掛けていたり
宮崎駿さんとの関わりがあったりしたそうで 納得。

時代考証、すごく丁寧にされたそう。
広島弁も違和感なく(時代の変化で今は使っていない言い方もありますが)聴けました。
私もあんな感じでしゃべってます♪

呉市の町並みもよく知っていますが
山の畑から観る海の感じや
石造りの橋の趣など
とてもよく描かれていると思います。
「あーあそこらへんの昔の風景ね」
という感じ。


近くの海
f:id:tyuntachan:20170114205558j:plain
(沖にカキの養殖いかだがあって海水が澄んでます♪)



ネタバレになるといけないので
ほわっと書きますが

心の残ったシーンのひとつ
・・・・・・・・・
主人公すずの嫁いだ家に突然現れる幼馴染み 哲
二人の感情に気付いた夫 周作
戦地に向かう哲。。。
新妻すずをとても愛おしく思っている周作
しかし死を前に愛しいすずに会いに来た哲の気持ちもわかる。
さて周作はどうするのでしょう?すずは?哲は?。。。

「、、、続きは 劇場でどうぞ!(^^)/」

私の母は戦争中、疎開
その後、お見合いで結婚しました。

まるで母の物語のようでした。

母を誘って もう一度観たいです。



あ、今回、断酒とまるで関係なくてごめんなさいm(__)m(^^)/



にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
、、

ヤツに誘惑された自分を置き去りに。

息子の大熱でキャンセルした正月帰省
昨日、自分の親兄弟、甥姪と会ってきました。
正直、父は一年前 食道がんでほとんど食べ物が通らなかったので
元気そうにこうしてまた集まれるとは期待していませんでした。
去年は退院したてで
顔色があまり良くなく
心配しましたが
今年は体力も回復してきたらしく
楽しそうに食べたりノンアルビールを飲んだり。。。
色々な話題が流れていく中
私が1年以上お酒を飲んでいない話になりましたが
予想通り
ワンターンで次の話題に流れました。
ちょっと前、
「アル症の断酒中の人は、
飲む飲まないの話に食いつきすぎで
なかなかそこから離れられない」
と 青猫さんとやりとりしていたので
「さー流していこう~~(* ̄∇ ̄)ノ」と
切り替わった話題に意識的 、積極的に方向転換しました。

昨年1月は、医者に言われてお酒を飲んでいなかった姉は
その後、日常的に飲んでいるようで
去年は痩せていたのにずいぶん太っていました。
やっぱりノンアル生活は健康と美容(年相応)の鍵ですね~

ドライゼロを2本、久々に飲みました。

その時はいいんですけど
やはり家に帰って、主人の飲む焼酎のにおいが気になりました。
家のみしていた人は
公の場で飲まなかった後の
家に帰ってからが本当の勝負ですね。
結構飲みたくなったかも。

『HALT 』
アルコール依存症の人が
なるべく避けるべき状況
「空腹、怒り 、孤独、疲労」
こうなっても、自分を客観視。
飲むことと結びつけない。
究極、飲みたくなっても
飲みたがってる自分を置き去りにして
熱いお茶をいれ
食事は制限しないで好きなように食べる。

この感覚と実行を今年も続けられますように。

あ~でも2kg以上太ってしまいました(>_<)
口の下に吹き出物も( ´△`)
いい加減にしようと
久々にスロージョギングしたら筋肉痛です。

ロウバイ(?)
f:id:tyuntachan:20170108053929j:plain
良い香り♪

さて
今週も
ぼちぼち生きていきましょう(^^)/


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

金時豆とコーヒーで。。。

みなさま どのようなお正月をお過ごしでしょうか?

うちは 今年は娘の仕事の都合などで
夫のみ九州の夫の実家に帰ることになりました。

なので昨日、お正月のようなごちそうをしました。

息子は大熱を出し、解熱剤をのみながらも徹夜で
お友だちと年越しするというのでやきもきしながら送り出し
(カイロ持ってきなさいって言ってもききゃーしません(*_*))
今朝早く夫を送り、
大遊びしてきた息子にポカリを飲ませて寝かせ
娘たちとお雑煮を食べ、
やっと今、ゆっくりできてます。


昨年(正確には一昨年か。)はノンアル飲料、たくさん買って
スリップしないように防波堤積み上げていました。
tyuntachan.hatenablog.com

今年は買い忘れて
何も買わないまま、いつものお茶とコーヒーのみ。
平和に過ごしています。

金時豆が好きな父のため
今年も作りました。
f:id:tyuntachan:20170101155605j:plain
煮崩れないようには一生なれないかもf(^^;)
息子の発熱につき、来週末私の実家に行くことになったので
私が食べて ちゃくちゃくと減ってます(^◇^)


そんな感じで 穏やかです。

では
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m(^^)/

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

巣立ち。

今週はちょっと断酒じゃないお話。
子育てかな。

うちの長女はすごく短く言うと
いじめからの不登校からの非行少女復活➡高校中退
色々仕事を変わって間で水商売で足りないお金を稼いで
今は試験採用期間を経て大手の生命保険の営業(◎-◎;)
今までの仕事のキャリアやテクニックもあって
新人の中では群を抜いているそうです。


次女は真逆で人とのかかわり合いが苦手。
今日はそのおとなしい次女のお話。

友人関係などが原因で
全日制の高校から通信制に変わって4年で卒業
私の知り合いの方が社長をしていた 掃除と修理の仕事を
4年間やって、技術はプロ並みに。
知り合いの方が体調を崩して廃業したので
次女は仕事を探しながら自分で貯めたお金で
嫌々ながら「必要だから」と運転免許をとりました。
当分私が隣にのってあげましたが
なんとか一人で運転出来るようになりました。
アルバイト面接に3度落ちて(ハウスダスト等のアレルギーが結構ひっかったし、転校したことも不利みたい)
やっと受かったスーパーの早朝のアルバイトに行くようになりました。
お客様に対応しなくてもいいように
早朝を選びました。

しかし、間に合わなかったら開店後も商品を出していることも多く、職員さんたちに「例のおばちゃん」呼ばれている軽いクレーマーに対応することが時々あり、もう一時間早く出て開店一時間前に帰りたいと。
その時間に出勤するとクレーマーに出会うこともないし
職員さんと関わる時間がほぼなくて
朝礼もでなくていいし、
いらしゃいませ と言わなくていい。

人付き合いの苦手な次女は
自分にとってはそうすることが絶対いいと言って
「今日店長に言おう」
「言えなかった。明日は言おう」
と一週間以上言っていました。

4時に起きて家を出る事になる。
ちょっと ずっと続けるのはきついんじゃないかと。
私も一緒に起きて家を出るまでは付き合っているので私もキツイ。
そんな理由で思い止まって今の5時過ぎ起きの時間で働いた方がいいとにすすめていたのですが、、、

ある日次女が同じことを夫にほぼ「こうする。」というようなほぼ報告のような形で話していました。
すると、
「○○ちゃん。あなたが苦手な事はようわかとる。
でもそうやって人との関わりを避けるような方向を選ぶと、
ずっとそういう生き方になる、、、、
よく面倒を見てくれるおばちゃん(ベテランパートさん)もいるみたいだし 、
社員さんもいい人そうだった(買い物に一緒に行ってもらい、ちょっとあいさつした。)
クレーマーはどこ行ってもおるよ。
職員さん、助けてくれるんじゃろ?、、、etc」

そんな風に話していました。

その後、時間を早くしたいとは言わなくなりました。

たった1時間のことですが
次女にとっては生きていく上で
いい方の道に行き始めることが出来たのではないかと思います。

この差は大きいですよね~

父親の存在とか役割って大きいな~と思いました。
厳しい社会でいろんな人間関係の中で
働いて収入を得るってたいへん。


次女も確実に自立に向けて歩き出しています。


しっかし 年金 !
低収入者にも 容赦ないですね( ̄^ ̄)



最近お気に入りの
カピバラ ラインスタンプ♪
f:id:tyuntachan:20161225073036j:plain


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

広告を非表示にする

「読売新聞 伴走記 アルコール依存症の現場から」 読んでます。

今、話題の(?)
読売新聞の連載、 みなさま 読まれましたか?


伴走記 アルコール依存症の現場から : 企画・連載 : 関西発 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/CO026892/

12/15 の記事は
私を含め、妻 母親 の立場の人には
ズシンとくる記事ではないでしょうか。

家族崩壊に至る前に断酒出来たこと
幸運だと思います。

私はただ連続飲酒までにはなってなかっただけで
毎日、ただ酔うために飲むお酒が止められませんでした。


夫は船乗りなので長期不在のことも多く
子供たちに何かあったときは
自分だけでなんとかしないといけないのに
夕方、一杯目を飲んでからは
母親の役目は果たせていませんでした。

お酒を飲まなくなって1年以上になりましたが
夫が隣で毎晩 焼酎のお湯割りを2杯ほど飲んで
翌朝、普通に仕事に行っていると
私も飲んでも問題ないような気が
一瞬 よぎります。
今は頭ではわかっています。
問題ないわけないのです(  ̄ー ̄)ノ

お湯割りはにおいがたつので
けっこうきついです。
冬は私も温かいお茶かお湯で焼酎を飲んでいたので。。。

去年のように
歯を食いしばって耐える感じではなく
スッと入り込んでくるヤツに
プルプル首をふる感じ。


blogの断酒の世界を知らなかったら
きっと飲んでいたと思います。

みなさまの存在に感謝ですm(__)m

こうありたい自分でいられること(ある程度、妥協)の
価値を軽く見ないように。


さて、先日 健康診断受けてきました。
今週は血液検査の結果くるかな~
肝臓よりも甘いもの食べ過ぎが心配です(> <)


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村