「心、体、生活を素に。」

〜2015 秋に卒酒した 元キッチンドリンカーのつぶやき(月一更新)〜

悲しみも素面で。。。

6年前、看護師としてパートで働いていました。
クリニックの午前のパートで
震災の時は家にいました。
リアルタイムの映像で
ショックを受け
夫も私も有事には特に仕事場にいかないといけないと思うと
子供は不安だろうなと。
本当は職場での人間関係がうまくいってなかったから
やめる理由が欲しかったのかも。
震災の後しばらくしてやめて、
他の職種で震災等になったら必要なくなるような仕事を選びました。
看護職は嫌いじゃなじゃったので
少し淋しかったですけど、ホッとしました。

***************

この月曜日、新幹線に飛び乗って、主人の実家のある街に行ってきました。

夫の従兄弟(お兄さんと呼んでいました)の危篤の知らせがあったからです。

夫は仕事で海の上、連絡もできないので一人で行きました。
 
お兄さんは、 若い頃事故が原因で胸から下が麻痺していました。
事故の際、入院していた病院で働いていた方(お姉さんと呼んでいます)と結婚され、地域のみんなから信頼され、賢くて、人柄も朗らかで
みんなの相談役のような存在でした。

私が新婚で若かった頃、義母の体調が悪くて
何ヵ月か実家でお手伝いをすることになりました。
夫もまだ若く、私の気持ちを理解する余裕はなく 
義父の機嫌ばかり気にしていました。
私は子供を背負って家の用事をする毎日で心身ともに疲れ
実家から500メートルほどの
その従兄弟夫婦のところに行っては話を聞いてもらっていました。
アドバイスや注意された覚えはなく、
ただ、話を聞いてもらっていたんだなぁと
そうしてもらうのがベストだったんだなって
年を取るにつれ、わかってきました。 

 
そのお兄さんが、、、、
着いたら亡くなっていました。
もう息をしていないお兄さんの顔を見て
「間に合いたかった。一言お礼が言いたかった。」
お姉さんにそう伝え、ホロホロと涙が出ました。
お姉さんは
「痩せてるでしょう。、、、、、、遠いのにありがとうね。」
と、少しの間、涙を誘ってしまいましたが
闘病が長かった分
しっかり看病し看取った
やれることはすべてやった という感じが伝わってきました。

すぐに家族葬のお通夜に入りました。
「貴重品は持っといてね。」
とお姉さんに言われ、
「あ、はい。」
と私。あわてて置いた荷物から
置いといてはいけないものをまとめて持ちました。
お姉さんの気丈ぶりに感心しました。流石です。

少し席で他の親戚とお話したあと
控え室で義姉とまだ小さい義姉の子供たちとご飯を食べて、
なるべく静かに過ごしました。

6才年下の兄嫁の労をねぎらって、日頃の感謝を伝えました。

夫の実家に一泊して(全然眠れなかった)
お姉さんにことわってお葬式は失礼して
火曜の朝、早い時間に帰路につきました。

亡くなったお兄さんは
生前、車椅子に介助で座らせてもらうと
食事はなんとか自力でできておられました。
いつも笑顔で、
物事の捉え方が大きくて
焼酎がお好きで
誰かが帰省すると
お料理上手で手際の良いお姉さんの料理で
自宅での「のんかた」ーこちらの方言で飲み会ー
が大好きでした。

胃癌でした。

お兄さん、ありがとうございました。

しばらくしたら   また  違うカタチでお会いできると信じています。
それまで安らかにお眠りください。

********************

家の戻ってホッと一息
ここで以前は解放感で
いつもより余計に飲んでいましたが
お茶と甘いもので大丈夫でした。

f:id:tyuntachan:20170312055826j:plain


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

「ケンシュビト(嫌酒人)になりたいの」~NMB48市川美織風~

古い本にアルコール依存症者に警告している(らしい)詩 がありました。

************

災いに遭っているのはだれか。
不安を抱いているのはだれか。
口論をしているのはだれか。
心配をしているのはだれか。
理由もなく傷を負っているのはだれか。
目の鈍くなっているのはだれか。

それはぶどう酒と共に長い時を過ごす者,
混ぜ合わせたぶどう酒を捜し出すために入って来る者たちではないか。

ぶどう酒が赤色を呈し,
杯の中できらめきを放ち,
なめらかに流れるとき,
これを見てはならない。

それは終わりには蛇のようにかみ,
まむしのように毒を分泌する。

あなたの目は奇妙なものを見,
あなたの心はゆがんだことを話す。

そして,あなたは必ず,
海の真ん中に横たわっている者のように,
帆柱のてっぺんに横たわっている者のようになる。

「彼らはわたしを打ったが,わたしは病気にならなかった。
彼らはわたしを殴ったが,わたしはそれに気がつかなかった。
わたしはいつ目覚めることだろう。
わたしはさらにそれをもう少し求めるであろう。」

***********


同じ本の中に
よく胃の病気にかかる人に
「ぶどう酒を少し用いなさい。」
という部分もありました。


私は若い頃5年くらいタバコも吸っていました。
タバコは一旦やめたら嫌悪感がわくほど、
もう吸おうとは思いません。
脳が自然と欲しがらない感じ。
タバコは全くの毒だってことを脳は知ってる。

そこを踏まえてもう一度お酒に戻って考えると
お酒は良質のものを少量なら体にいいというのは間違いじゃないみたい。
だからいつまーでも脳が欲しがる気持ちと戦わないといけないんだ。

「いつも 適量で収まるのなら、
飲む日と飲まない日が簡単に守れるなら 飲みたい。」
という気持ちと戦わないといけんないんだって思います。

でも自分はたとえ養めい酒であっても
一旦以前のように酔いを求めて飲んでしまえば
眠るまで飲み続けると思う。
効能のために飲んでる訳じゃないから。

ほかにも

「あなたの右の手があなたをつまずかせているなら,
それを切り離して捨て去りなさい。
全身がゲヘナ(這い登ることのできない死の谷)に落ちるよりは,
肢体の一つを失うほうがあなたにとって益になるのです。」

ともあるので

それらを総合して考えると

アルコール依存症者である私は
アルコールを欲しがる右手を切り落としてでも
「飲まない」

自分を好きでいられる自分でいるため。
家族のため←あまりここに重きをおくと私はしんどい。

のみすけさんのブログを毎日読んでいて
のみすけさんのように酒を大嫌いになりたいのに、
そうなってくれない自分

でも落ち込まなくていい。

そうなりたいと願う気持ちは持ち続ける。

「フレッシュレモンになりたいの💕」と言い続けてる
NMB48 市川美織ちゃんのように😄

f:id:tyuntachan:20170305065920j:plain
最近はまってる「みっくちゅじゅーちゅいちご」を甘味に利用した
手作り やさいみっくちゅすむじー♪(^◇^)

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

アルコール依存症の診断書

お酒をやめて500日が過ぎました。

見守ってくださっているみなさま、ありがとうございますm(__)m

 

さて、色々思うことはあるのですが

今の悩みはこれ。 

tyuntachan.hatenablog.com

 お酒をやめる、強力な動機づけのために

かかりつけのドクターに

アルコール依存症」って診断書、書いてもらったのです。

が、

よくよく考えたら

血圧はストレスも手伝って200位に上がっていたけど

ドクターは習慣飲酒のせいとは思っておられず 

肝臓、すい臓などの臓器に異常は出ていない。

 

もしこれから病気になったら

アルコール依存症の診断書もらったのって

保険的にはすご〜くまずいんじゃないかなぁ〜f(^^;)

長女が保険関係の仕事に就いて

自分の考えなしの行動に反省しきり。

 

診断書出してもらったの、取り消してもらえるのかなぁ〜

 

すごく地域で信頼されていて患者さんの多いクリニック。

いつ行ってもたくさん患者さんが待ってる。

あー言えるかな〜

 

こうやってブログに書くことで

言えるかな〜(*´Д`*)

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

断酒ブログの黄金律

毎日読んでいるブログのひとつ


ムーランさんの

「断酒を記録してみる」

http://blog.livedoor.jp/sweet_lullaby/lite/


f:id:tyuntachan:20170218220147j:plain

(ムーランさんの18番 鳥モモ肉の照り焼きの完コピ?🍴

玉ねぎソース よーく煮詰めてうまうま😊)


ブログのタイトルが示しているように
最初はムーランさんも藁にもすがる思いで

「ブログで自分の毎日書いてを公に晒すことで
過去の何度も失敗して続かなかった断酒を
もしかしたら続けられるかも」
と、始められたんだと思う。


まだ私は断酒に踏み切れてない頃
ムーランさんの「依存症までの道のり」シリーズを

自分がもっと進行するとこうなるのかな~

と思いつつ読み進めた。


決して強くないけれど
一日一日クリアしていかれている。
ムーランさんのブログを読むときは
静かで落ち着いた気持ちになれる。


最近はそのブログのコメント欄に

ムーランさんのブログきっかけで
断酒を始めた方が集っておられる。
毎日コメントを書き、悩みや痛みを共有することによって
断酒し続けておられる。


「受けるより与える方が幸せ」


この黄金律、断酒にも当てはまると思う。

どうしたら酒をやめ続けられるのかと試行錯誤し
自分の断酒のためにだけ始めたブログだけど

いつしか
これから断酒に踏み切ろうとしている方や
苦しい中、断酒し続けている方のためにも書くようになった。
自然とそれが自分の
飲まなくていい、飲む気にならない気持ちを

太くしてくれるのかなと
思ったりしています。

もちろん、自分のブログだから
時には愚痴とか不満とかを履き出してもいいし
身体の疲れもあるでしょう。

私も家族の悩みとか書くだけで救われています。


電車の中でムーランさんのブログを見つけて読んでいた頃には
画面の中の遠い人で
自分がやりとりするようになるなんて
思ってもいませんでした。


いつも私にも優しい気遣い

ありがとうございます、ムーランさんm(__)m

ゴロゴロボチボチ生きましょうね(⌒‐⌒)


みなさまも

まだ寒いしゴロゴロボチボチ生きましょう(* ̄∇ ̄)ノ


新・断酒システム Twitter

お題「断酒」


おはようございます♪
寒いですね~(>_<)

何日間かTwitterで断酒erの方が集まるところに
自分も参加してみました😊
みなさん、日々食べ 、お仕事し、家族の心配をしたり、
テレビを見たり、好きな音楽を聴いたり、ホント日常。

以前、飲んでいた時間
それぞれの場所にいながら
同じ痛みを抱えている方々と他愛のないおしゃべりをして
繋がっていいられるって
新しい断酒システムとして
確立されてもいいんじゃないかと思うほど。
断酒会に毎日出るのと同じくらい有効ではないでしょうか。
(行ったことないからわかりませんがf(^^;))
酒害体験談による負の感情によって
「今日も飲まない」気持ちを維持するのも有効でしょう。
Twitterで酒のない日常がチクタク進んでいく流れにのって
家にいても断酒erとリアルタイムで繋がって眠るまでノンアルで過ごす。
実はスゴイ方法だと断酒界で取り上げられてもいいですね。
(言い過ぎか(^◇^))

でも、楽しすぎて(>_<)。。。
バランスをとりにくい私は
ちょっとお休みしてみようと思いました。
お勉強したいことがあったりして
心がそわそわしていたらムリなので🙇

そう思えるようになったのも
お酒をやめたから。少し安定してきてるからですかね。
油断はでいませんが😊

そうそう
シェアハウスのリビングみたいですよね🎵Twitter
そこに断酒erのみなさんが集ってるっていう雰囲気だけでも
心がホッとします😊



f:id:tyuntachan:20170211222606j:plain
元気になった息子が持っていってるお弁当🍱
タレ漬け唐揚げは冷凍食品。いつもお世話になってます♪


娘が職場で苦戦しています。
面倒見のよかったベテランパートさんと
うまくいかないようで、、、
話を聞いてあげるくらいしかできませんが
支えていく事ができますように。。。😳


ではみなさまも
ストレスに負けないように
マインドフルネス心がけ ボチボチ生きましょうね😊


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

そんなこと言ったって、、、

金曜の夜、友人との会話の一場面
「甘酒作ったんだけど、ちゅん太さん飲まないって言ってたっけ?」
「そう。一滴も」
(ご主人がアルコール依存症なのが頭をよぎったので"一滴も"って言った)
「一滴も? 」
「そう、前にもいったことあると思うけど、私もご主人と一緒、飲んだら飲みすぎるんよ」
・・・
そこからアルコール依存症は否認の病だの
痛風高脂血症で一生懸命食事療法しても、飲むのをやめないとムダだの
ご主人の言い分に対して「アル症の人は皆そう言うんよ」 だの
「禁酒セラピーっていう本、貸そうか」とか
言いたいことを言ってしまった。

反省。
それを奥さんに言ってどうなる?
ご主人本人がやめる気ないのに。
アル症と認めてないのに。

健康に支障が出てるのに
アルコールをやめられない人に対して
どうしても見下すような感情を持ってしまう。
ほんの少し前まで自分もそうだったし
今でもそこに戻ろうと思えばすぐなのに

気をつけよう

ごめんなさい。友人m(__)m
ちゃんとリアルでも謝ろ😔

f:id:tyuntachan:20170205060627j:plain
(あんまりかわいかったので撮ったただのチラシより♪)

まだ寒いですね。
でも昨日からスロージョギング再開しました♪
やっぱり体を動かすって
気持ちの切り替えに役立ちました😊

今週もボチボチ いきましょうね~(* ̄∇ ̄)ノ

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

身の丈相応に生きていく。。。

1月23日の青猫さんがあげてくださっていた記事、じっと読んでみました。
(青猫さん感謝m(__)m)

スリップについての認識がよりピリッとしました。

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/note/n71120


少し抜粋させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(断酒会の支部長さんの大スリップの経験)

支部長として体験談を語り、支部をまとめていたその人が、ものの見事に、しかも短期間のうちに、進行中のアルコール依存症者の特徴である自己中心性、否認、他罰的態度、自己憐憫などを備えた、最悪の状態に戻っていました。
おまけに、酒をこっそり持ち込んで観察室の窓の外に吊るしていたりと、最悪なものでした。

もっとも その方は、断酒していた経験があっただけに、素面に戻ってからの回復は目を見張るものがあり、そのスリップを、身の丈相応の生き方、断酒の仕方をつかむきっかけにされましたが・・・。

~~中略~~

★再飲酒の危険性が高まる状況
ある程度の期間 飲まないでいるアルコール依存症者(離脱期が済み、神経学的にも影響が抜けた後)には、衝き動かされるような激しい飲酒欲求は、あまり見られません。
それ以外の再飲酒の危機となり易い状況には下記です。

・あまりにも良い事が、回復の進み方よりも早く訪れた場合
・酒に対して自分の強さを感じ始めた時(原点である「無力」を忘れた時)
・断酒を続ける自信が強くなった時
・自分の力で、道を開いていく自信が強まった時
・万能感(自我の肥大やコントロール欲求)、自己憐憫に陥っている時
・万能感と自己憐憫は、同じ心の状態の裏表!
・人の悪いところが、やたら目についてきた時。もっとも、それを「公憤」や正義感と合理化する場合も多いですが・・・ 多くは、仲間への」批判が強まったとき


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一番心に残ったフレーズ

『身の丈相応の生き方』


謙遜で柔軟な心で日々穏やかに生きていくことでしょうか

難しいですけど、心掛けます。



f:id:tyuntachan:20170129054243j:plain
冷凍お餅(チンしすぎた)がおやつの定番
あーもうやめないと 服ぱつぱつ (*_*)


そうそう 時々書いてる食道がんを克服したうちの父82才ですが
最近、母がぼやいていました。
父は朝4時に起きて仕事場に行き、
日が登ったらゴルフの練習場に行き
開店時間に店に戻って仕事をバリバリこなし
ご飯をガツガツ食べて
特に夕食は、がさーと作っても
ペロリと平らげるそうです。

はーーーっスゴイ⤴⤴🙌
80才過ぎてる老夫婦の生活に聞こえませんよね~♪

ちなみに若い頃はよく飲んで
母に怒られていましたが
循環器系の大病後、飲めなくなっています。
このお正月も
ノンアルビール1本でした。

あとどのくらい二人元気で店を続けられるのか。。。
一日も長く続いてほしいです。




にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村