「心、体、生活を素に。」

〜2015 秋に卒酒した 元キッチンドリンカーのつぶやき(月一更新)〜

「酒で地獄をみたオンナ」バーチャルでも大丈夫♪

のみすけさんのTwitterで教えてもらった番組を観た。

MCがシェリー
この人もテレビで時々、飲みすぎ武勇伝を話していたと思う。

「知りたい」気持ちがよく伝わってきた。


インタビューを受けている断酒している2人のうち1人は
私と同じくらいの段階で
「自分はアルコール依存症」と気づいて断酒されてた。

基本一日缶ビールロング缶4本

ワインなら1.8L開

「買い置きはしない

全部飲んでしまうから」

と言われていた。


もう一人は連続飲酒になって
夫よりも酒を選んで離婚

「これで自由に酒が飲める」

と思ったそうだ。

幼い子供をつれ、生活もままならなくなっても
酒をやめられず、入院しても飲み

死ぬ寸前でたちなおっておられる。

 

Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜#5「酒で地獄をみたオンナ」
https://abema.tv/channels/abema-news/slots/8j8i7hQxyWFhU3?utm_source=social&utm_medium=social&utm_campaign=slot_share


(2017/4/11 まで
AbemaTV アプリで無料で観れるようです。)

 


最近、出会ったブログで私や
このTVの最初の人くらいの方に出会いました。

のみすけさんの4/6の記事で取り上げられていた方です。

再チャレンジャーさんも書いておられます。


私も「底」は経験しなくてもいいと思います。


私はブログにかかれている連続飲酒体験を

飲み続けたらこうなったであろう、未来の自分としてとらえ

飲まない気持ちの維持にさせてもらっています。

 

tyuntachan.hatenablog.com


篠原涼子主演の「溺れる人」のドラマも

断酒初期には飲まない生き方を選ぶのに

役立ったと思います。

動画がweb上にまだあるといいけど。。。



昨日、夫の分の焼酎やビールを買って

ちょっと気持ちがザワザワしました。


ザワザワしても飲まない( ̄~ ̄)

こういうの、認知行動療法っていうんですって。

これも断酒関係のブログで学びました。感謝m(__)m


さて 

まだお花見できてませ~ん(^^;)

今週のお昼に計画してるんですけど

散ってるかな~🌼

まっお弁当は予約したからいいや🎵


みなさまはどんな春を迎えられていますか?

今週もぼちぼち生きていきましょうね(⌒0⌒)/~~



 <a href="//sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html" target="_blank"><img src="//sake.blogmura.com/kinshu/img/kinshu125_41_z_birdsred.gif" width="125" height="41" border="0" alt="にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ" /></a><br /><a href="//sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村</a


追記 ん~ 文字の大きさがなぜか大小してる

バナーも文字のまま。。(@_@;)


すみませ~んこのままいきまーすf(^^;) 

アル症定義と認識のズレなどのつぶやき (潜伏アル症女性編)

皆様、酷暑の中 いかがお過ごしでしょうか(^^)

今回は ぐちゃぐちゃ考えていることを
そのまま吐き出していますm(__)m

************

私は連続飲酒の経験はなく、
そんなに目に見えた迷惑はかけていないけど
じわじわと家庭や自分自身に悪影響を及ぼしているって
自分で気づいて酒を絶っている。

私くらいの家飲みで
日々普通に暮らしている女性は大勢いるだろう。
でも 羨ましいとは思わない。
早く気づいた方がいいのにと思う。

私は依存症について
「ある行動の習慣から何らかの悪影響が生じていると
解っていてもその行動が止められない状態」
と定義できるんじゃないかと思う。


自分がアルコール依存症かそうじゃないかということに
こだわりが強くて心を痛めている方がいらっしゃる。
とても苦しそう。
でも、助けられない。
ご本人に飲酒への未練があると
周りがいくら言っても無理。

一度節酒や適正飲酒ができるか
長いスパンで試してみるといいと私は思う。
適正飲酒出来ればそれでいいし
出来なければ断酒の強い動機付けになると思う。


酒を売る側の醸し出す強力な空気。
酒を飲むことで
いろんな事が愉快になるとか
人と仲良くなれるとか
人生の深みが増すとか
そういう酒で儲けている側の人がまことしやかに
吐き出している空気の中で
「酒は魔物、飲みすぎてしまう人は酒に近寄らないほうがいい」
という言葉に沿っては生きている人はほんの少数。
それは 誰もが天動説を信じている世の中で
「それでも地球はまわる」と
コペルニクスガリレオのように地動説を主張した時代と同様
多数派の意見や当時の常識が真理ではない場合もある。


私は自分がこうなる前は
アルコール依存症の人って
どうしようもない人達と思っていた。

そういう無知からの偏見と
人からどう見られるかという思いが
「自分が依存症なんて恥ずかしい」となるのだ。


アルコール依存症の正しい認識なんて、
持っている方が少数。

「私 アルコール依存症なんで。。。」って言っても
かつて、私が引く側で引いていたようにドン引きされるだけ。

理解が得られないなら
やんわりと伝える事でどうだろう。
「飲んだら飲みすぎるから飲まないことにしたんです♪」
これでいい。
飲んでる人は飲まない人が楽しめているかどうかが気になる。
でも、自分が思っているほど人は他人のことを気にしていない。
飲まない人が多くなっていると聞く。
飲む自由 飲まない自由 お互い尊重できればいいな。

医療機関の方が言うことは絶対真実か?
そうじゃない。
自分がアルコールに囚われていると感じたら
アルコール依存症」で良いじゃないの?
誰に言わなくたって自分で自覚すればいいこと。

私は血圧でかかっている主治医に
ほぼ無理矢理
アルコール依存症って診断書、書いてもらった。

一度も家族以外の人に見せたことはないし見せる機会もない。
診断書はお守りのような存在。

それくらい自分が主体で良いんじゃないかな。

前にも同じ様なこと書いてると思います。

ここまで読んでくださった方。
お付き合いありがとうございましたm(__)m

心弱い 断酒erの葛藤m(__)m

わたしもそうだったから思うのですが。。。

アルコールに囚われている人は
当人がお酒にまだ未練があって
アルコールに溺れたければ
当人以外の人間がアルコールの海から救いだすのは無理。

でも他人からの言霊が当人の心を動かす場合もあるんだ。

心を吐露してわかってくれる人がいるって
断酒継続の力になってるのは確か。
実世界では なんのつながりもない人達なのに
なぜ こんなにヤツと立ち向かう力になるのか
不思議。感謝。


(正直に、
ここまではある方が再飲酒を踏みとどまってくれたので
心救われて書き直しました。

でも、一日、もうだめかもと思って書いたこと、書き直せなくて。

ふと、「そのままのせていいんじゃない?」と。。。

先をいく(ってたいした先ではありませんが)
断酒継続者の葛藤をそのまま載せようと思います。)

*****************

自分も危ないくせに誰かがアルコールの海で溺れていたら助けたくて
どうにかならないかとロープを垂らしたくなる。

私も溺れていた。
自分の飲み方の依存性っぷりに気がついて
2回禁酒して節酒でいけるかも
と思ってまた同じようになり
3度目でやっと自分のアルコールに対する無力さを受け入れられて断酒。


アルコール飲料の製造販売企業、酒税をたっぷりとっている政府。
アルコールで儲けている側が醸し出している空気。
いくらアルコールによってひどい事故や事件が起こっても
飲みすぎた当人のせい。
『人を憎んでアルコールを憎まず』という空気。

CMは楽しそうに飲んでるところを演じるイケてる人達。
朝まではしごをしながら楽しげにしゃべる。
芸能人同士ではしごしながらとことん飲む。
ドラマでも酔っぱらう女性をかわいく描いているものがほとんど。

それが今の日本の楽しく生きている人達のアタリマエ
その空気を吸っている私たち。


『適正飲酒を心がけましょう』

死なない程度にアルコールを飲んでもらい儲けたい人達のささやき。

アルコールをコントロールできない種類の人間が
鵜呑みにしてはいけない。


何度もこの空気を吸って
「自分はまた楽しく飲むめるんじゃない?」
と思ってしまう。
数日は大丈夫でも
またもとに戻って同じかそれ以上の飲み方をし始める。

これは適正飲酒ができなくなった人のパターン
私もそうだった。

本当の友達は一緒に飲まなくても大丈夫。
お酒と共に離れていく友は、ただ浮かれ騒ぎの連れ。。。


そういう私も不安定で無力。
引きずられそうになる。
ほっときたい。ほっとけない。
でも割りきらないといけないときもある。

日々淡々と断酒。
それを綴るだけのスタイルが
私にはあってる。

私も弱いんです。
ロープを引っ張ろうとして
本人が海に戻りたい気持ちがあったら
私もひきずられてしまう。
アルコールの海に

ロープはしっかりと船に結んでおきます。
自分でよじ登って来てください。
後ろを向かず、力を込めて登って下さい。

********************

最後の3行はもっと後ろ向きでしたが
ちょっと変えました。

ごめんなさいね。弱くて。
すごく元気で強気な時と
折れてしまいそうな時とがあります。
皆さんもかな?




さて息子を送り出さねば。。。
今週も1日1日、生きていきます(^^)/



にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

やっぱり「 溺れる人」でも閲覧注意してください。

f:id:tyuntachan:20160710060802j:plain
ムーランさんのブログを見て
作りたくなった♪食べたくなった(^^)
この夏、はまりそうな「夏野菜スープカレー

***************

断酒を始めてまだ観ていない方に紹介したくて
2005年放送 篠原涼子主演のドラマ「溺れる人」の動画を探した。
DVDなどないらしい。

あった ーパンドラtvー 「篠原涼子 溺れる人」 で検索

(これが見ちゃダメなサイトなのか良くわかっていません。
一応リンクはやめときます。m(__)m)

どんなものだったかともう一度観た。

23歳位からアルコールに徐々に溺れていた主人公。
自分の結婚式で夫のシャンパンまで奪うようにして飲み干すシーン。

これは危ない。
ヤツ(飲酒欲求)がざわつき始める予感がする。
飲酒のシーンは観ないようにしたり
とばしながらがら先に進んだ。


今回、気になったシーンは
前に観た時と違っていた。
本人よりも
アルコール依存症を持つ家族に気持ちが入ったということか。

ほぼ終わりに近い場面

主人公「まり」は閉鎖病棟入院中。
ドアの外から、そっと闘病するまりの様子を辛そうに見る夫。

切り替わって病院そばの海。
夫と女医さんが話すシーン
「まりは一生懸命頑張っているのに、、僕。。。」

「あなただけじゃないわ。
アルコール依存症の家族はみんな一度は同じ事考える。
それだけこの病気は重いってことよ。
でも本人が治りたいって思っている以上
待ってあげるしかないわね。
、、、 待つことが一番苦しいことなんだけどね。」

『本人が治りたいって思っている以上』
そこです。そこ。

本人が腹をくくらないと進めない。

ヤツの誘惑と戦わないで「一杯だけ」から始まり
ズルズルと眠くなるまで飲む生活に戻る。
偽物の開放感、偽物の問題解決感があっても
酔いが冷めたとき、後悔と自己嫌悪の日々。。
そんな自分が嫌になるけど考えたくなくて
また飲んで逃避。悪化。

そんな飲酒生活に戻りたい?
私は戻りたくない。

周りは声援は送るけど
一番芯となる所は本人。


このドラマは作家の実体験をもとにして書かれたそうだ。
最後 作家の藤崎麻里さんにインタビュー
「、、これからも背負っていかなければならない欲求なので、、、」

はい。そうですね。
治ったように見えてもずっとヤツのもとは自分の中にいます。

厳しいことを言うようですが

本人がやめたいと思わないと。
ヤツと闘わないと!全身全霊で!
f:id:tyuntachan:20160710061735j:plain
(未だ、活躍中。夫用の焼酎が入ってる鍵つき鉄箱)


酔って色々やらかした自分を嫌う。
そうさせたアルコールを憎む。
そういう気持ちを自分で強いて培わないと
いとも簡単に自分や家族を崩壊させてしまう。


自分自身にもそう言い聞かせています。


お酒を体にいれないこと。
そこから来る平安な気持ちでおくる普通の毎日はさわやか。
普通って幸せなことですよね。

でもひとつだけ、覚えておいてください。
もし
スリップしてしまっても、命だけは絶たないで!
私もそう。何度かスリップしています。
断酒に至る上で、再飲酒してまた断酒して
という段階を踏む事もあるそうです。



今日は、何をしましょうか?
朝からクリアな頭で活動できるって
飲酒時代は考えられなかったこと。

さあ今週も、暑かったり大雨だったり、気圧の変化にまいりそうですが、それぞれのペースで、ボチボチ生きていきましょう(^^)/

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

餅と西島秀俊

以前、「溺れる人」を観て、感想をブログに書いた。

 

tyuntachan.hatenablog.com

 

「君が悪いんじゃない。酒が悪いんだ!」

と 片っ端から酒を捨てていったような。。。

ホレてまうやろ~(><) 西島秀俊!

こんな人いるんだ。

断酒できる人って

こういうダンナさまがいる ラッキーな人だけじゃないのか?

そう書き込むと先輩ブロガーの方に

「こんな人 、普通はいないよ~」と教えていただいて

「そうよね~」と現実に戻って

さて、自分はどうしようかって具体策を考えてきた。

 

夫婦二人の時

「自分はアルコール依存症だと思う」と

スクリーニングテストの結果を知らせて

納得しいてもらい、

協力してもらっている。

夫の飲酒にはノータッチ。

これは申し訳ないけど、

自分のビールは 封の開いた粉類を入れた大きめのカゴ(小麦粉、たこ焼き粉、片栗粉、パン粉など)の後ろに目につかないように入れてもらっている。

焼酎は自分で買ってもらい、カギ付きBOXに。

感謝。

これで充分です<(_ _)>

 

あ~ でも いいなぁ~ 西島秀俊@ホレてまうやろ。

絵に描いた餅 = 画面の中の西島秀俊。。。

・・・

ただ西島秀俊が素敵だってことになってるような?

・・・(⌒‐⌒)♪

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

広告を非表示にする

「飲むと良いことないからやめました」でいいのだ(* ̄∇ ̄*)

アルコール依存性っていう言葉が相手に与える印象について考えた。

私もつい最近まで、自分が依存性とは思っていなくて
アルコール依存性の人に対する考えはやっぱりイメージ先攻で
「家族や社会に迷惑かける人達」
と思っていた。

毎日キッチンで飲むことがやめられなくて
スクリーニングテストをしてみたり、
色々本やブログを読んでいく中で
自分もそうだと理解した。

自分がお酒の飲み方について問題意識を持って
自分をアルコール依存性と認められている人が
自分のことを「アルコール依存性で。」
ということができるんだと思う。

以前の私と同じように
飲んでいてもなんとか日々を過ごせて
昼頃、やっとまともになって、
また夕方ほろ酔いで過ごし記憶があやふやになって眠る。

そいういう状態で自分がアルコール依存性だって
わかっていない人はたくさんいると思う。

私もつい2ヵ月前まで
何度もスリップしていて酒を止められるとは思ってなかったし
はっきり知りたくなかったから
自分からは調べなかった。
スリップとかブラックアウトとか色々な用語も全く知らなかった。

色々考えていると
アルコール依存性って自分から言ったらドン引きされるのは
しょうがないのだろうなって思えた。

その後のみすけさんのブログをみた。

>アル中だからとか、アルコール依存症だからとか、そんな事を言ったとて、相手は医者でもないのだから、無意味だ。ただ単に飲まなかった頃の自分に戻ったから、飲まない。これだけで良い。

おお~なんというタイミング♪

「私、飲むと良いことないからやめた。」

これだけでいいんだわ(* ̄∇ ̄*)

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

感謝♪ 「 センジン ダンシュ ブロガーN! 」

イニシャルにする必要もないかも知れませんが
マジンガーZ
みたいな感じで
「先人断酒ブロガーN」
と書せてもらいましたm(__)m

以前も書かせていただきました
「酒をやめてhappyになろう」の
のみすけさんのことです。

ご自身はもうすぐ断酒して3年が来ようとしておられるのに、私のような断酒を始めて間もない者を応援するために、当時の気持ちを思い起こして、例えを考えて文章をupして下さっている。(11月20日の記事)
自分だったらそんなに月日がたったら思い出したくない葛藤だと思う。まだ未知の事だけど...

自分がマイペースでブログを続けられるよう
コメントはどの方にもしないことを決めておりますのですが、感謝の気持ちを表現したく、自分の記事を利用いたしましたm(__)m

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村