読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「心、体、生活を素に。」

〜2015 秋に卒酒した 元キッチンドリンカーのつぶやき(日曜更新)〜

家族で忘年会

何日か前、家族で忘年会。
夫が言い出しっぺ
いつも仕事と趣味で家族を放っておいてるので
自分なりの罪ほろぼしらしい。
『ミスカラ』でビリヤード1時間、カラオケ1時間

行く直前に息子が行きたくないと、夫がいないところで私に言った。

私「イヤならそう言えばよかったじゃん( ̄0 ̄;)」
ちゅん樹「だってホントに行くと思わんかった(ー_ー;)」

最近の若者の特徴でしょうか、
断りたいけどNOと言えない誘いに 曖昧なyesの
「んー( ̄ー ̄)」とかいう返事。

( 私「父さん、ちゅん樹、ホントは行きたくないんだって」)
とフォローしようかと思いましたが、やめときました。

気が重くっても、行った方がいいと思ったのと、
自分がした返事の責任をとった方がいいと思ったので。

こういう微妙な判断が酔っていては出来ませんでした。
思春期の子供にとってはこういうところの親の判断って大事だなって思います。(3人目にして気づいたりして(^^;)

で、若者達が楽しんでいる中
それなりにファミリーでビリヤードを楽しみ
(夫は玉の番号が見えず、私は自分で思っているより力がなく→老化を実感)

カラオケでは息子は偶然来ていた友達のグループの部屋に行き
夫と次女と三人で歌った。

もうここはお互い割りきって、恥ずかしさを捨てて歌うのです。
ノンアルコールはおろか、普通の飲み物もたっかいので
歌うのみの1時間(@_@;)

オタクちゃんのちゅん美はゴリゴリのアニソンを

私は「40代が選ぶ歌ベストテン」みたいな項目から
最近のみすけさんのblogであったテレサテンの「別れの予感」を
(歌詞がかわいい女性すぎて 「♪私にはぁ~♪あわない~♪」だった。)

夫は声が良くて上手い♪
私が若い頃好きだった米米CLUBのシェイクヒップ
(映像、石井さんが創っていてクオリティーにびっくり‼)
福山雅治の桜坂 etc
「カラオケ行こう」というのもムリはない位 上手い♪
子供たちにとってはファミリーでいくのは拷問らしい(* ̄∇ ̄*)

さて、来年はちゃんと「NO」と言えるでしょうか?
それとも大人になって諦めて父に付き合うのでしょうか(⌒‐⌒)

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

広告を非表示にする