読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「心、体、生活を素に。」

〜2015 秋に卒酒した 元キッチンドリンカーのつぶやき(日曜更新)〜

酒の世界からの、、、卒業。

確か中二の頃
幼なじみが
太宰治にはまり出した。
彼女のすることは何でも魅力的に思えていたので
私も読んだ。
人間失格
独特の世界観ですぐに引き込まれていった。
そんな話を廊下でしていると、
岡江久美子に似た母親の空気を持った当時の国語教師が
「太宰はいつか卒業しないといけない作家よ、、、」
はっきりと言葉は覚えていないけど
そういうニュアンスの言葉を発したのは心に残った。

どういう意味かその当時は解らなかったけど
その言葉で
文学も音楽も
卒業するべき時期がある作品もあるのかも

と思いながら大人になっていった。

あの言葉をあの時期に聞いていなかったら
人間失格の太宰の思考回路を
客観視出来なかったかもと思うと
あの言葉を聞いたことは
大げさに聴こえるかもしれないけど
本を読むより人格形成に影響力があったと思う。感謝。
この事を考えるとき、どうしてもセットで
尾崎豊の「卒業」が頭を流れる。
この世界からの 卒業。
彼の亡くなり方は
アルコール依存症者にとっては心が痛い。


学校は今もこの世界に存在していて
学生は日常の生活で学校に通っている。
私はもうとっくに卒業した人。

お酒との距離感もこの感覚でいけるといいなぁ。
酒は相変わらず身の回りにあるけど
私はもう酒のある世界から卒業した人。

その感覚。

そこに自分をおく感覚で生きていきたい。



・・・と日曜お昼に親子丼を作りながら考えておりました(* ̄∇ ̄*)


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村