読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「心、体、生活を素に。」

〜2015 秋に卒酒した 元キッチンドリンカーのつぶやき(月一更新)〜

身の丈相応に生きていく。。。

1月23日の青猫さんがあげてくださっていた記事、じっと読んでみました。
(青猫さん感謝m(__)m)

スリップについての認識がよりピリッとしました。

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/note/n71120


少し抜粋させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(断酒会の支部長さんの大スリップの経験)

支部長として体験談を語り、支部をまとめていたその人が、ものの見事に、しかも短期間のうちに、進行中のアルコール依存症者の特徴である自己中心性、否認、他罰的態度、自己憐憫などを備えた、最悪の状態に戻っていました。
おまけに、酒をこっそり持ち込んで観察室の窓の外に吊るしていたりと、最悪なものでした。

もっとも その方は、断酒していた経験があっただけに、素面に戻ってからの回復は目を見張るものがあり、そのスリップを、身の丈相応の生き方、断酒の仕方をつかむきっかけにされましたが・・・。

~~中略~~

★再飲酒の危険性が高まる状況
ある程度の期間 飲まないでいるアルコール依存症者(離脱期が済み、神経学的にも影響が抜けた後)には、衝き動かされるような激しい飲酒欲求は、あまり見られません。
それ以外の再飲酒の危機となり易い状況には下記です。

・あまりにも良い事が、回復の進み方よりも早く訪れた場合
・酒に対して自分の強さを感じ始めた時(原点である「無力」を忘れた時)
・断酒を続ける自信が強くなった時
・自分の力で、道を開いていく自信が強まった時
・万能感(自我の肥大やコントロール欲求)、自己憐憫に陥っている時
・万能感と自己憐憫は、同じ心の状態の裏表!
・人の悪いところが、やたら目についてきた時。もっとも、それを「公憤」や正義感と合理化する場合も多いですが・・・ 多くは、仲間への」批判が強まったとき


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一番心に残ったフレーズ

『身の丈相応の生き方』


謙遜で柔軟な心で日々穏やかに生きていくことでしょうか

難しいですけど、心掛けます。



f:id:tyuntachan:20170129054243j:plain
冷凍お餅(チンしすぎた)がおやつの定番
あーもうやめないと 服ぱつぱつ (*_*)


そうそう 時々書いてる食道がんを克服したうちの父82才ですが
最近、母がぼやいていました。
父は朝4時に起きて仕事場に行き、
日が登ったらゴルフの練習場に行き
開店時間に店に戻って仕事をバリバリこなし
ご飯をガツガツ食べて
特に夕食は、がさーと作っても
ペロリと平らげるそうです。

はーーーっスゴイ⤴⤴🙌
80才過ぎてる老夫婦の生活に聞こえませんよね~♪

ちなみに若い頃はよく飲んで
母に怒られていましたが
循環器系の大病後、飲めなくなっています。
このお正月も
ノンアルビール1本でした。

あとどのくらい二人元気で店を続けられるのか。。。
一日も長く続いてほしいです。




にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村